なないろダイアリー

2018年6月01日☆クックパット主催の「クックパット大学」でなないろの取組みを紹介しました☆

こんにちわ

本日は、クックパット社が主催するワークショップ

『クックパット大学』にてなないろの取組みを

紹介して参りました

クックパッド社は、

「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げている会社です

主力事業はレシピサービスですが、多様な方法で毎日の料理を

楽しみにし料理を通して様々な社会課題の解決を目指されています。

一人で考えても答えの出ない大きくて複雑な課題を

社内外の視点を交えて一緒に考えることで解決の方法を探りたい

という経緯でこの「クックパッド大学」という企画が始まったそうです

 

「クックパット大学」は、クックパットユーザーの方や

各方面からの食に関してや様々な取組みを先駆けている

方々が参加し、講演を聴講したりテーマに沿って話し合い

アイデアを創出したりする機会の場となっています

今回は第6回目クックパッド大学のテーマは、

「クックパッドと描く、料理×コミュニティが作る未来」

とのこと。

「クックパット大学」は、講演内容やグループディスカッションで

発表されたキーワードをその場でイラストレーターの方が、即

イラストに置き換えて、絵で表現し「見える化」していく

楽しいスタイルのセミナーです。

 

今回のテーマ「料理×コミュニケーション」に合わせて

「料理×コミュニティの取組紹介と新しい可能性」について

今なないろクッキングスタジオで行なっていることを

講演してほしいとのご依頼でした

いろいろ紹介したい事例は沢山ありますが、今回は、

1、「なないろクッキングスタジオ」の取り組み
2、”コミュニティ”とは?その課題とは何か。                                             3、”料理 ×コミュニティ”で描ける未来の可能

という内容で僭越ながら登壇させて頂きました。

 

今回講演を聴講された参加者の皆様は

なないろの取組み内容に大変興味を持って頂き、

講演後、予想を上回る数の質問や賛同や応援の

お声やご意見を沢山頂きました

今回、なないろの取組みを広く紹介させて頂ける

貴重な機会を設けて頂き、クックパット様及び温かく

聴講して下さった参加者の皆様には本当に心から

感謝しております