なないろダイアリー

2017年4月13日【本格フレンチ】プロの味!赤城鶏と春野菜のカラフルガランティーヌ

こんにちわ

外は満開だった桜が散り始めて

道路は桜の花びらでいっぱいです

目黒区は立派な桜並木がたくさんあって

桜の時期はとても嬉しいステキな

桜の街になります

本日のメニューは「本格フレンチ」を作ります。

本日のメニューは

・「赤城鶏と春野菜のカラフルガランティーヌ」

・「菜の花のチョップドサラダ」

・「グリンピースのバターライス」

・「レタスとベーコンの特製スープ」

・「フルーツ:バナナ」

というラインナップです

「ガランティーヌ」という料理は

鶏、豚、仔牛、兎などの骨を外し、

中にひき肉を香辛料などで味付けしたものを詰め、

蒸したり茹でたりして火を入れて

作られるフランス料理です。

今回は開いた赤城鶏に、

鶏ひき肉とパプリカ、ニンジン、インゲンなど

を詰めてアルミホイルで巻いてから

フライパンで軽く焼いてからオーブンに入れます。

焼きあがった赤城鶏のガランディーヌを

切ると、鮮やかなカラフル野菜が登場し

特製のトマトソースを引いた上に乗せると

いきなり豪華なフランス料理に変身しました。

「素敵なお料理ね~

「すごい豪華

「鮮やかで美味しそう

と、皆様、これから食べるのに

ワクワクしているようです

 

全てのお料理が完成しました

「チョップドサラダ」

ニューヨークで人気となったトレンドサラダで、

具材を小さく刻んでスプーンで食べるサラダです。

食べ応えがあるのにとってもヘルシーで、

今では専門店まである人気レシピだそうです。

細かくカットしたことにより具材にドレッシングなどの

味がなじみやすく、より美味しく野菜を食べることが

出来ます

「赤城鶏のガランティーヌ」も柔らかくソースとの

相性も大変好評でした