なないろダイアリー

2017年3月13日プロ直伝!春の旬味★絶品本格「金目鯛の煮付け」

こんにちわ

本日は、なないろ大人気レシピ「金目鯛の煮付け」

登場です

「金目鯛の煮付け」は昨年作った際に、

大変好評を頂き、

「是非また食べたい作りたい

とのご要望が多く、旬のこの時期を待ち登場した

なないろシェフ秘伝のレシピです。

本日クッキングするメニューは、

・「春の旬味!金目鯛の煮付け

・「セリとアサリとにんじんの酢味噌和え」

・「ゆり根とわけぎの出し巻き玉子

・「特製豚汁

・「コシヒカリの白米」

という金目鯛の煮付けに相性のよい副菜と

栄養バランスの取れた春の和定食です

金目鯛の煮付けの担当のH様は、

まず生姜を切り、煮汁となる調味料の軽量を慎重に行います。

「金目鯛の味付け担当は美味しくしないと

いけないから責任重大よ~

と、金目鯛を担当されたH様は緊張気味に

お作りになられていました

今日の「特製豚汁には、

茨城産のローズポークをはじめ、

ネギやシイタケ、ゴボウ、酢味噌和えに使った

セリの根っこの部分も投入されています。

「セリって根っこまで食べられるなんて知らなかったわ

「セリの根っこは、とっても美味しくて栄養もあるので、

捨てたらもぅたいないですよ~

と、管理栄養士から言われると

「知らないと絶対に捨てちゃうわよねぇ(笑)」

「だから、なんでも絶対に捨てちゃダメなのよ~(笑)」

と、皆様で豚汁を囲んで盛り上がっていました

こちらでは、「ゆり根とわけぎの出し巻き玉子」

作っています。

何度も玉子を流し入れ、ひっくり返すことの

繰り返しですが、シェフから上手にふっくらの玉子焼きを

作るコツを教えてもらい、そして実践です

興味津々で周りに集まって来たお客様も、

少し心配そうに見守ります。

「ゆり根が入って具材がゴロゴロして大きいから、

今回は少し難しいかもしれませんね

と言う、シェフの心配をよそに中々の出来栄えの

美味しそうな玉子焼き頑張ってをお作り頂きました

「特製豚汁」も、「セリとアサリの酢味噌和え」

完成し、コシヒカリのツヤツヤな白米が美味しそうに

炊き上がりました

「金目鯛の煮付け」も、ふっくらツヤツヤでとても

美味しそう

シェフから、金目鯛に添えられた「絹さや」について、

「絹さや」のさやの先についている黄色いヒゲ(スジではなく)

は洋食では全て取ってしまうけど、和食では

『芽が出る』と言って縁起が良いものなので本格的な

和食屋では取らないのだそう。

『貴方のために新鮮なものを用意しました』という

思いも込められているとの豆知識を

教えてもらいました

一緒にシェフの話を聞いていたT様も

「なるほど、意味があるのね~深いわね~」

と、感心されていました。

本日の添えられている「絹さや」ももちろん

ヒゲ付きです

本日の早春の和定食としてお作り頂いた

大人気の「金目鯛の煮付け」の完成度は

皆様、大満足のようでした