なないろダイアリー

2016年6月30日ミラクルヘルシーな日本の伝統食材『梅づくしメニュー』

こんにちわ

まだ東京は梅雨が明けず天気が

良かったり悪かったりの毎日です。

小さななないろ菜園のトマトも少しずつ色づいてきており、

先日、色づいた桃太郎トマトを少し収獲し料理に使いました。

プチトマト達もまだ青く固いですが、スズナリに実っています

本日は「梅」をつかったレシピです。

「梅」は、日本が誇る万能でヘルシーな食材であり

魔法の調味料です。

肉や卵料理にコクを加え、マリネや刺身に使うと旨味を増します

定番の梅干しから、練り梅や梅肉エキスや梅シロップ、醤油漬けや

酢漬けまで、奥深い東洋の美果なのです

私達の身体は健康維持のために弱いアルカリ性に保つ必要がありますが、

主食であるご飯やパン、主菜の肉や魚はほとんどが酸性食品で、

現代の食生活では酸性食品が多くなりがちです。

梅干しはアルカリ性食品で、少しでも酸性を中和することが出来る

優れものです

牛肉100グラムを食べたとき、梅干しなら5グラム(約1/2~1個)で

十分なので野菜を大量に食べるよりも効率的です

「梅の効能」には、

疲労回復、食欲増進、血液さらさら、生活習慣改善、

美肌、老化防止、がん予防、そして今一番、重要である

「食中毒予防」や「夏の熱中症予防」など

たくさんの効果が期待できます

 

そして、本日作るなないろスペシャル「梅づくしメニュー」

・「紀州南高梅を使った銚子産イワシの梅しそロール揚げ」

・「沼津産アジのみょうが梅なめろう」

・「石上極豚のさっぱり梅肉豚しゃぶサラダ」

・「特製鯛のあら汁」

・「コシヒカリの白米」

という、じめじめした梅雨の時期に食欲をそそる

ラインナップです

 

本日のメイン料理である

「紀州南高梅を使った銚子産イワシの梅しそロール揚げ」

で使う、“南高梅”は主たる生産地が和歌山県の白梅で、

その梅の果実は最高級品とされています。

“南高梅”の果実は非常に大きく、種は果実のわりに小さめで、

果肉が厚くて柔らかいのが特徴です。

その南高梅を銚子産の新鮮イワシに大葉と巻き包んで

さっくりと揚げていきます。

「沼津産アジのみょうが梅なめろう」は、

沼津産のアジとみょうがと大葉やネギを味噌と梅の果肉

でたたいて和えていきます。

「石上極豚のさっぱり梅肉豚しゃぶサラダ」は、

柔らかくさっぱりとして、甘みのある石上極豚

冷しゃぶサラダにしてオリジナル調合の

特製梅ドレッシングを作ります。

「特製鯛のあら汁

鯛の“あら”だけじゃではなく、鯛の身も

しっかり入った具沢山の鯛汁で、アクを丁寧に

何度もとりながら鯛の良い出汁を凝縮させた

「特製あら汁」を作ります

 

全ての梅づくし料理が完成し、

皆様が召し上がる時間になりました

「ガラスの器が涼しげできれいでとっても美味しそう

「アジのなめろうの中にも梅が入っていて美味しいわ

「あら汁いいお味ホントいいお出汁よ」

「梅が入っているとさっぱりしていいわね~

「今日のお米はどこのかしら?ここのご飯はツヤツヤで

いつも美味しいわよね

「イワシはソースをかけなくても梅が利いてて美味しいわよ

と、今回の梅づくし料理の評判は上々のようです。

食中毒予防と熱中症予防に効果の高い「梅」を使った

梅料理レシピを今後も増やして皆様と、たくさんトライして

いきたいと思います