なないろダイアリー

2016年5月25日手造り体験『極上!“なないろ菜園”の4種の生ハーブ入り自家製無添加ソーセージづくり』

こんにちわ

今回のイベントクッキングは

無添加「なないろ菜園に生ハーブ入りソーセージ」づくりを行います

ソーセージにはなないろの自家製菜園で収穫した4種類の新鮮ハーブを

一緒に練りこみます。

そして、羊の腸になないろ独自の配合でブレンドしたジューシーな粗挽き肉

をたっぷりと詰めた本格的な手造りソーセージです。

市販のソーセージは色をよくする発色剤(亜硝酸塩)や、ソーセージ保水を

保つ(リン酸塩)など、多くの添加物が含まれます。

なないろで作る「手作りハーブ入りソーセージ」は、

一切、添加物を使用しておりません。

安心、安全で新鮮な国産豚の超粗挽き肉と自家菜園である

「なないろ菜園」で収獲したハーブを使い、

独自の配合で練り合わせた肉を、羊の腸(羊腸)に詰めた

本格的なオリジナルのソーセージです

今日は、肉の旨みたっぷりの「プレーンソーセージ」と

ハーブの香り高い「なないろ菜園生ハーブソーセージ」

2種類を作ります

 

本日使うハーブはスタジオのすぐ横にある「なないろ菜園」で収獲した

新鮮なハーブを使います

「なないろ菜園」は小さな菜園ですが、様々なハーブや野菜がお花と共に

少しずつ植えられて育てられています

「誰か、ミントとって来て下さぁい

とシェフから声が掛かると

お客様がニッコリ笑い、「なないろ菜園」にハーブ積みに向かいます

今日使うハーブは

「バジル」「マジョラム」「ローズマリー」「セージ」

の4種類です。

細かく刻んで、この後、ソーセージに入れて練り上げます。

今回の手造り自家製ハーブソーセージづくりにも

沢山のお客様がご希望されて参加して頂きました。

ソーセージづくりは3日間を行いましたがとても好評で

次回を熱望される声も頂けている人気イベントです

なないろの自家製ソーセージは、

安心、安全で新鮮な良質の国産豚の超粗挽き肉に粗挽き肉、背油と

自家製生ハーブ、ナツメグ、ブラックペッパーやオールスパイス、パプリカパウダー、

塩、砂糖などを加えボールに氷を当てながら良く練ります。

氷水を数回に分けて加えながら更に練り込みます。

専用の容器を差し込んだ羊腸に、

先ほど良く練りこんだ豚挽き肉を詰めて搾り出していきます

「ゆっくり、搾り出してくださいね」

シェフがソーセージを伸ばしながらお客様に注意します

「こうやってソーセージって作るのね

「これ面白いわ~

「こんな風に作ったのは初めてよ

長~い羊腸に挽き肉を絞りだして長いソーセージを作ります。

それから、全体の長さを6等分して間をよじっていきます。

出来上がったソーセージは、

70℃の湯煎で15分加熱してボイルしていきます。

今日のソーセージをお持ち帰りすることをご自宅でご家族が

楽しみにされているとお客様がお話してくれました。

「私がソーセージを作って帰るから今日は孫とか呼んで皆でビールで

このソーセージを食べるのよ

と、お孫さん達をお呼びになっている方もいるようです。

ご自宅では、そのまま召し上がっても、フライパンやグリルで焼いて

召し上がっても美味しいはずです

ご家族皆さんでお持ち帰りを楽しみにして頂けている

「なないろイベントクッキング」は、

今後も、様々なレシピが登場しますので、ご期待下さい