なないろダイアリー

2016年5月24日とっておき『ラム酒薫る大人のレーズンバターサンド』&『大人の憧れフルーツサンド』

こんにちわ

本日は“大人スイーツ”を2つ作ります。

1つは、カルピスバターを使った「ラム酒薫る大人のレーズンバターサンド」

もう1つは「大人も憧れるフルーツ満載の特製フルーツサンド」を作ります。

今日は、話題のバター「カルピスバター」を使います

 

「カルピスバター」は、口コミでも人気となっている

「知る人ぞ知る」高級バターです

カルピスバターと言ってもカルピスは入っていません。

「カルピスバター」は、あくまでも「カルピス」が販売するバターです。

カルピスを作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる

脂肪分(クリーム)から製造されるます。

カルピス30数本から1ポンド(450g)のバターしか作れないため、

限られた量しか生産されず、そのほとんどが一流レストラン・ホテル・菓子店の

業務用に廻されていました。

そのため非常に生産数が少なく、一般用としては、なかなか

手に入りにくいバターとしてその希少価値からも “幻のバター”

いわれつづけてきました。

希少価値が高く高級品な「カルピスバター」、

実際、通常のバターの約2倍という値段です。

カルピス用に品質の良い牛乳から乳脂肪分を分離して

製造されるため、製品の色も牛乳に近い純白な色を

しているのも特徴です

本場フランスのバターの味に一番近い

濃厚まったり」と「後味スッキリ」が共存しているバターなのです。

今日は、レーズンバターサンドにこの「カルピスバター」を使います。

 

まずは、レーズンバターサンドのサブレ生地作りです。

やや硬めに焼き上げたサブレ生地はすぐに触ると柔らかいので

少し冷やして硬くなってからバタークリームを塗っていきます。

出来上がったサブレにカルピスバターで作った特性バタークリームを

たっぷり塗っていきます。

その上にラム酒に浸しておいたレーズンを並べ、サブレでサンドしていきます。

「ラム酒がいい香りね

「香りで酔っ払っちゃうわね

いつもより大人なお酒の香りにお客様も反応しています

次は、今日のもう一つのスイーツ、

とっておきの「憧れ大人のフルーツサンド」を作ります。

とにかくたっぷりの特製生クリームにフルーツを挟んでいきます。

今日使うフルーツは

「イチゴ」と「バナナ」と「オレンジです。

パンからはみ出さないように、フルーツをキレイに

並べていくのですが、特製生クリームがたっぷりすぎて、

挟むとパンから生クリームがはみ出してしまいそうです

かなり豪華ですね~

皆様、頑張って下さり、2つのスイーツが完成しました

どちらも、お持ち帰り用にキレイにラッピングも行いました。

レーズンバターサンドは1個ずつ、透明のシートで包みます。

特製のBOXに入れたら、まるでお店で買ったような出来栄えです

「これなら、お友達にあげたら絶対喜ばれるわ

「これを持って帰ったら主人が驚くわ

「なんだかすごく嬉しいわ

と、皆様、今日のスイーツの出来栄えにはとてもご満足のようです

「作る楽しみ」 と 「お持ち帰りになりご家族を喜ばす楽しみ」の

両方が味わえることがスイーツ作りの人気の秘密なのかもしれませんね