なないろダイアリー

2016年5月17日本格フレンチ!『イサキのムニエル焦がしバターソース』

こんにちわ

今日は、朝からあいにくの風雨です

でもなないろクッキングスタジオは晴ればれ気分で

今日も張り切ってスタートです

何しろ、今日は本格的なフレンチ料理を作るのですから

本日のメイン食材は旬の魚「イサキ」を使います

イサキは栄養価は全体的にバランスよく含有されてますが、ビタミンAが多いので

体の発育成長、皮膚、粘膜の保護の役割に関与してくれます。

白身の魚ですがエネルギーは高めですが、

良質の不飽和脂肪酸の量も多くなりますので成人病予防にも効果があります。

イサキは大きさではなくずんぐり丸みを帯びたものがいいそうです。

しかも鮮度に関わらず、目が白く濁るので、目を基準としない方がいいそうです。

体表面の色艶が黒っぽく、綺麗で濁ってないもの、腹部のしっかりしたものを

選びましょう

今日作るメニューは

「本格フレンチ!イサキのムニエル 焦がしバターソース」

「イサキのカルパッチョ レモンとキウィのジュレソース」

「爽やか夏みかんときびなごのサラダ」

「キャベツとベーコンのチキンコンソメ」

「フランスパン&バター」

という本格贅沢フレンチメニューです

さっそく、T様がイサキの骨取りを担当されました。

刺抜きで細かい骨を指先で探りながら一本一本抜いていきます。

「大変な作業を担当しちゃったわ~しかも責任重大

「目に煮えないから指先の感覚で骨を見つけないといけないのよ

と、なかなかの細かい作業に苦戦していました

お隣では「きびなご」を造っています

「小さいから作業が細かいから肩凝るわ

「キラキラしてキレイね~

「新鮮な証拠よこういうものが食べられるのは嬉しいわ

こちらも、魚と対戦しています

さぁいよいよ本日のメインの「イサキのムニエル」を作ってきます。

イサキの切り身に小麦粉をまんべんなくつけてから

たっぷりのバターソースで焼き目をこんがりつける感じで

フライパンで火を通していきます

皮がぱりっといい感じに焼きあがりました

イサキのムニエルに特製焦がしバターソースがたっぷりかけられて

香ばしいバターの香りがスタジオに漂い、メイン料理の完成です

きびなごのサラダも、イサキのカルパッチョも美味しそうに

出来上がりました

「濃厚で美味しいソースね。魚も柔らかいわ

「皮がカリッとして美味しい

「カルパッチョのソースも酸っ甘くて美味しいわ

「今日は魚の作業は苦労したわね

「だからよけいに惜しいのよ(笑)

と、作業が大変だった時は逆に会話が弾みます

今日は、セミナーに来られたケアマネジャー様にも一緒に試食して頂くので

いつもより沢山の分量を作って頂きました。

ケアマネジャー様もお料理のグレードと本格的なレシピと美味しさに

驚かれていました