なないろダイアリー

2016年5月12日なないろ日和 ♪♪♪ 嬉しい出来事vol15

こんにちわ

もう夏日和という感じの暑い日になりました

半袖でも暑さを感じてしまいますね

でも実はまだ5月なのです。

この時期のお花で大輪の存在感のある芍薬(しゃくやく)は、

ただいま満開真っ盛りです

スタジオにも、ピンクの芍薬が飾られて大輪の花を咲かせています。

「あら~っ、キレイなお花ね~

「なんかティッシュで作ったお花みたいよね~」

「あらいやだ!でもホントね

とお客様が見事なたとえ?をして頂きました。

 

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

という有名な言葉がありますが、

芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、

美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容する言葉のようです。

芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、

牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。

百合は風を受けて揺れるさまが美しい。

これらのことから、

芍薬は立って見るのが一番美しく

牡丹は座って見るのが一番美しく

百合は歩きながら見るのが一番美しいという説があるそうです

また、

芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、

牡丹は美しい女性が座っているよう、

百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説あるそうです。

女性としてお花にたとえてもらえるのは何の花でも嬉しいですね