なないろダイアリー

2016年4月04日半熟ふわとろ!バター香る『たんぽぽオムライス』

こんにちわ

今日は朝から雨模様でしたが、途中で太陽の光が差し込む時もあり

終日、曇りではありましたが温かい1日という日でした。

本日作るお料理のメニューは、

「半熟ふわとろ!たんぽぽオムライス

「豆腐のから揚げ風玉子包み」

「デリ風おとなのマカロニサラダ」

「あさり&ベジタブルスープ」

というランナップです

「たんぽぽオムライス」は、映画『「たんぽぽ」で有名になりました。

皿に盛ったチキンライスの上に中が半熟のオムレツを乗せ、

オムレツに切れ目を入れて全体を包み込むように開くというものです。

これは映画監督の伊丹十三氏が発案し、日本橋の洋食の老舗

「たいめいけん」さん」が作り出したもので、現在、たいめいけんさんでは

「タンポポオムライス(伊丹十三風)」というメニューで出されているそうです。

 

まず、作り始めたのは「デリ風おとなのマカロニサラダ」です。

「“おとなの”マカロニサラダとは!?」

なないろでは、普通のマカロニサラダに一工夫しておとな風に

アレンジしてみました。

マカロニサラダには“シェル”マカロニを使い、その上に生ハムやサーモン、アボカド、

カッテージチーズを重ねてのせ、かけるドレッシングには粒マスタードと、隠し味に

なんと少量のウスターソースを入れて作る“おとな風味”のマカロニサラダです。

「豆腐のから揚げ風玉子包み」は、鶏肉に水切りした絹ごし豆腐を崩して

混ぜ、大葉を練りこんでウズラの玉子を包みんで揚げてていきます。

「なんか美味しそうねお豆腐を入れるなんてアイデアよね」

「ヘルシーで美味しそうね」

「どんなお味なのかしら?うずらの玉子が入っているのね」

と、揚げながらお客様も食べるのを楽しみにしているようです。

こちらもカラッと美味しそうないい色に揚がりました。

 

いよいよ、本日メインの「半熟ふわとろたんぽぽオムライス」づくりに

取り掛かります。

美味しそうなチキンライスが出来上がり、各々の皿に盛り付けられました。

そして、次に半熟ふわとろオムレツをつくります。

ご自分の分はご自分で作って頂きますので、皆様、順番にフライパンの前に並びます。

「なんだか緊張するわ~ドキドキしちゃう」

「ムズかしそうよね。上手くいくかしら?」

「前の人の見て、真似しないと

と、順番を待つお客様は口々に心配そうにつぶやきます。

さぁ、自分の順番が来ました。

シェフが、お手本を作って見せてくれました。

出来上がったふわふわオムレツをチキンライスの上にのせ、

オムレツにナイフで切り込みをすーっと入れて広げると

たんぽぽの花のように玉子がキレイに花のように広がります

シェフのつくったオムライスの鮮やかな出来栄えに

「見ていると簡単そうなのよね~。そんなにキレイに出来ないわぁ」

「バターが溶けたら玉子を入れてフライパンをまわして空気を抜いて・・・」

シェフの説明を待たずに、お客様の玉子はどんどん出来ていきます。

心配する必要はなかったようです。

皆様、とてもお上手です

 

さぁ!完成しました

初めて作った「半熟ふわとろ!たんぽぽオムライス」ですが、

皆様、とても上手に作られてとても美味しそう

最後にかけた特製デミグラスソースにパセリを散らしたら

お店で食べるのオムライスのようです。

「今日は、食べるのがワクワクするわ

「オムライスは大好きなのよ。嬉しいわ」

「マカロニサラダも凝っているわよね。なかなか家では思いつかないわ」

「こういう(洋食)は自分では作らないから楽しいわ」

と、ふわとろたんぽぽオムライスは大人気のようです。

毎回の恒例の食後の「お客様アンケート」も、

本日は、お客様全員からオール“大満足”を頂きました