なないろダイアリー

2016年3月31日祝!卒業 Congratulations!

こんにちわ

今日は1月からなないろに通っていたK君が4月の新学期から学校に戻るため

本日がなないろに来るラストデーになります

1月に通い始めた頃は、シニアの先輩の方々に囲まれて若干17歳の高校生が

一緒にお料理をする仲間に入れてもらうという状況がどういう感じになるのか

私たちスタッフもK君本人も、お客様も初めての経験でしたが、

K君の持ち前の人懐っこさと素直さで、すぐにお客様のアイドルになりました

「Kくん」とお客様からも呼んで頂き、皆様から可愛がって頂きました。

K君も、女性のお客様を「お姉様方」と呼んで、「お若いですね!」と常に皆様を

褒めて喜ばせてくれるナイスガイです。

 

K君は、今までお料理は全くやったことがなく、

「料理は苦手です!」と最初に来た時に憂鬱そうに言っていました。

長ネギを小口切りする事すら、悪戦苦戦していました

シェフから、簡単で切りやすい方法を教えられてもなかなか上手く行かず

「僕は片づけと食器拭きの方が得意なんです

と裏方作業?を自ら志願して、テーブルセッティングを

一人で担当してくれた時もありました。

 

K君は、なないろに通っていた間に誕生日を迎え18歳となりました

大好きなお祖母ちゃんに夕食を作ってあげたい

という優しい気持ちで3ヶ月、頑張ってなないろに通ってくれました。

たまに、自分が食べたくてお祖母さんに渡す夕食を弟さんと一緒に

先に食べてしまったこともあったそうです

好き嫌いの多いK君のために、その都度シェフが

「仕方ないなぁ~、なんでも食べないと!」

と言って食材を変えたK君用の特製メニューを特別に作ってくれると、

「やったー

とK君はその料理をいつも喜んでも嬉しそうに食べていました

K君は、なないろで料理だけでなく、いろいろなことに参加してもらいました。

ちぎりパンづくりや桃の節句には、初めての餅花を作って、お祖母さんの

お家の玄関に飾ってあげたそうです。

そして、3月のお彼岸にはぼたもちを家族やお祖母さん、叔母さんの分まで

ひとりで10個も作りました

 

本日、お祖母さんのために作る、なないろでの最後の手作りメニュー

「初かつお祭り」のかつおづくしメニューです

「初かつおのパン粉焼き」

「かつおのオイスターソース」

「かつおのサンガ焼き」

「かつおのつみれ汁」

「グリンピースご飯」

「特製ピクルス」

大好きなお祖母ちゃんが毎回楽しみにしているというK君のお料理

今日は気合が入ります

思えば、包丁もきちんと持てなかった3ヶ月前ですが、今は玉ねぎスライスも

キレイに切ることが出来るようになり、お料理もいろいろ作りました。

 

K君は、来月からいよいよ高校生に戻ります。

怪我をして休んでいた分の遅れを挽回して、楽しい高校生活を送ってほしいです。

なないろで体験したことやシニアの先輩の方々との交流は、K君の人生の中で

貴重な経験として生かしてもらえると期待しています

私達も、k君のおかげでk君のくったくのない明るさと若さのパワーをもらい

とても楽しい3ヶ月でした

「こんな僕を仲間に入れてくれて有難うございました

最後に、K君は皆様にお別れの挨拶とお世話になったお礼をきちんと

挨拶してくれました。

「こちらこそ有難うございました。元気で頑張るのよ!!」

「もう怪我しちゃダメよ!!」

お客様からの声援と拍手がわき、K君の再スタートへの門出を

皆様、嬉しそうに見送って下さいました。

「また、夏休みに弟と遊びに来てもいいですか?」

と、K君から嬉しい言葉を頂き、私たちも胸が熱くなりました。

K君、なないろ卒業おめでとう!そして有難う!

これからのK君の人生に幸あれ!