なないろダイアリー

2016年3月15日ふわとろ濃厚カスタード『優雅“スワン”シュークリーム』&『京都一保堂の濃厚お抹茶クッキーシュー』

こんにちわ

本日は、お楽しみスイーツづくりの日です。

今回は、お客様からのリクエストメニューである

「シュークリーム」づくりです

シュークリームはシュークリームでも、

「“スワンシュークリーム”が作りたい

という多数のご要望に答え、優雅な“スワン”のシュークリームを作ります。

まず、シュークリームのシューを作ります。

紙に書かれた丸い型の上に、同じ大きさのシューの生地のクリームを搾り出していきます。

シェフが

「上に乗っけていくようにクリームを搾り出して」

とポイントをいうと、

「そんな難しいわ!いくらやっても平らになっちゃうわ~

と、困った声でお客様が答えます。

でも、個数を重ねる毎に、クリームの絞り方は明らかにお上手になっているのは

そばで見ているとよく分かります。

「そーよ、沢山作れば上手になるのよね

と、少し自信が出てこられたようです。

更に、スワンシュークリームは

肝心のスワンの頭と首という大切な部分を作らないといけません。

先ほどと同じように、型紙に描かれた型どおりにクリームを細く長く、途切れないように

曲線で結び、頭はくちばしまで分かるようにスッとクリームを引いていきます。

これが、かなり高度の技?が必要で、皆様、悪戦苦闘しましたが

出来栄えはなかなかのものでした。

皆様、真剣そのものでした

 

今日は、スワンシューのほかに、

京都の一保堂のお抹茶を使った抹茶クッキーシューも作ります。

濃厚で上質な京都宇治のお抹茶を使いサックリと焼き上げたシューに

濃厚な抹茶クリーム組み合わせはが絶品です

コーヒーでもお煎茶でも合う、甘さ控えめな

“おとなのシュークリーム”という感じです

 

たくさんの可愛い「スワンシュー」と「抹茶のクッキーシュー」が出来上がりました

どちらもとても美味しそうですが、

やはりスワンシューのカラフルなフルーツは華やかで魅力的です

皆様の“作りたいリクエスト”人気が高いわけが分かります。

「今日は、帰って食べるのが楽しみだわ」

「これを作って持って帰るのを家族が楽しみにしているのよ」

「持って帰るのを気をつけないと!スワンの首が折れちゃうかも~」

「早く食べたいわ。どっちも早く食べたいけど、お抹茶の方のお味が楽しみ」

と、お持ち帰り召し上がるのが、今からとても楽しみなようです

やはり皆様、おいくつになっても「スイーツ女子」健在です

そして、おいくつになってもスイーツは別腹ですね