なないろダイアリー

2016年2月24日旬の味!照り輝く逸品!!照り輝く伊豆金目鯛の煮付け

こんにちわ

本日は、旬の味覚「金目鯛の煮付け」の登場です

この時期の金目鯛は、脂ものって最高の魚です。

特に煮付けは、色鮮やか、見た目も豪華で甘みがあってこくがあり、

金目鯛のおいしさをすべて漏らさずお召し上がりいただけます。

じっくりと煮込んだ金目鯛は、肉厚で中まで汁がしみ込んでぷりぷり。

色鮮やか、甘辛いタレをたっぷりからませた煮付けはご飯がすすむ一品です。

ふっくらとした身は口の中でホロっとくずれ、かみしめるごとにうまみが広がります

金目鯛は北海道以南の大平洋の水深200m以上の深海に棲息している

金魚のように美しい魚で、鯛と同様にご祝儀の魚として用いられてきました。

ただし、鯛とは別の種類になります。

私たちが目にするキンメダイは美しい紅色をしていますが、海の中で

泳いでいる時は淡い紅色で、死後色が濃くなるようです。

身の中まで脂がのっていて大変美味しい魚です

美味しい旬の時期は最も脂がのった冬12月頃から2月にかけてです。

 

金目鯛は魚体そのものに少し臭みがあるので、塩焼きなどには適しません。

新鮮なものは刺身や寿司にして食することがありますが、煮付けや鍋もの、

しゃぶしゃぶなどにして食べるのが一般的です。

実は、今日はの煮付けの作り方は

「早ワザ」&「簡単」レシピなのです。

その簡単早ワザのポイントは、煮汁の調味料の配分にあります。

その煮汁の配分とは・・・・・

水とお酒、みりん、醤油など調味料を全て「同量」にすることがポイントです。

非常に簡単に、美味しく香り豊かな煮付けの味を醸し出すことが出来るのです。

 

 

 

金目鯛の煮付けの身がパサつかず、照り良く仕上げるポイントは

具材を入れる前に調味液に火を通しておくことで、生臭みがない煮付けに仕上がります。

落とし蓋がない場合は、中央に直径2cmの穴を開けたアルミホイルで代用できます。

あまり火が強いと金目鯛の身がパサつき、皮がはがれてきてしまいます。

落とし蓋を取ったら、スプーンなどで調味液を金目鯛とゴボウにかけながら、

さらに5~6分煮詰めます。

これをすることで、中まで味がなじみ表面の照りが良くなります

 

今日の汁物は、身体の温まるかす汁も作ります。

百薬の長とまで言われる「酒かす」を贅沢に使います。

今回使うのは、なんと新潟の吟醸酒「八海山」をとった酒かすで

特製かす汁を作ります

酒かすをたっぷり使った濃厚な味わい。

酒かすは栄養価が高く、栄養成分としてたんぱく質、炭水化物、食物繊維、

ビタミン類、有機酸、ミネラルなどが含まれているほか、ペプチドやアミノ酸、

麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカン、葉酸なども含まれています。

また、酒かすには美白や保湿を気にする女性にうれしい成分が多く含まれていて、

ちょっとおなか周りが気になる…そんな方には、食物繊維豊富な酒粕がおすすめです。

食物繊維は酒粕に約5%と多く含まれ、おなかもスッキリを期待できます

さぁ、完成しました

今日のメニューは

「照り輝く逸品!金目鯛の煮付け」

「春の味!菜の花白和え」

「白ゴマの風味抜群!手作りゴマ豆腐」

「吟醸酒八海山の酒かすを使った特製にぎやかかす汁」

というラインナップです。

今日は、ゴマ豆腐も頑張って手作りしました。

金目鯛の煮付けのふっくらとした身は口の中でホロっとくずれ、

噛みしめるごとに旨みが広がります。

春の味覚満載のお料理で、旬の味を堪能して頂き

味覚でも春を感じて頂きたいと思います