なないろダイアリー

2016年2月12日ゲームヘン(若鶏)のロースト&本格濃厚!!ボストンクラムチャウダー

こんにちわ

ゲームヘン(若鶏)を使ってチキンローストを作ります

煮込みにしても美味しい、小さな調理しやすい鶏丸といったらゲームヘン。

ローストチキンのほか、シチューやカレー、参鶏湯などの煮込み料理にも重宝します。

雛鶏の丸なので、長時間煮込むと骨も柔らかに頂けます。

鶏丸の大きさも手頃で、味がギュッと詰まってるので、美味しいレシピも豊富なのも特徴です。

今日は、本格的な洋食づくりなので、皆さんいつもより

どことなく気合が入っているように感じます。

今日のメニューは

「ゲームヘンのロースト デミグラスソース菜の花添え」

「サワラのムニエル バルサミコソース」

「濃厚!本格ボストンクラムチャウダー」

「ロールパン」

という、本格的な洋食のラインナップです

 

まずは、ゲームヘンをフライパンで焼いていきます。

塩コショウなど調味料をまぶし、

こんがり焼き色が付くまでフライパンでじっくり焼いていきます。

その後、オーブンで35分、200度で焼き上げます。

ローストチキンの付け合せは、

なんと大根を油でポテトフライのように揚げた

『フライド大根』です。

どんな食感と味なのでしょうか?

ローストチキンのソースは今回はデミグラスソースを作ります。

もう1品のさわらのムニエルは

サワラの切り身に衣を付け、こんがりとムニエルしていきます。

あわせてバルサミコソースに醤油を加えたソースを作ります。

そして、セロリのスライスを氷水につけたものを添えていきます。

 

 

本格濃厚クラムチャウダーは、

あさりのアクを丁寧に取っていきます。

アク取り担当は、I様が番人となりがんばって頂きました。

玉ねぎとベーコンを刻み、炒めたものを入れ、

更に牛乳と生クリームを加え、

すりおろしジャガイモを入れて濃度とコクを出していきます。

クリームとあさりのいい香りがしてきました。

出来上がりには砕いたクラッカーをふりかけます。

さぁ、出来上がりました

今日は本格洋食なのでフォークとナイフでいただきましょう

ゲームヘン(若鶏)のローストも香ばしく焼きあがり、

塩コショウだけでも十分な鶏肉の旨みとジューシーなコクが

広がります。

「なんか、今日は気取ってしまうメニューね」

「本格的な洋食で食べるのが楽しみだわ

と、皆様、レストランで会食をされるように姿勢を正して淑女となり

召し上がっていらっしゃいました。

本日、午後に作った、

お持ち帰りご夕食づくりのメニューも

同じく、ゲームヘンのローストとボストンクラムチャウダー、

サワラのムニエル、そして菜の花のガーリックチャーハンでした

夕食づくりも、なかなかの大作でしたが、

皆様、笑顔で楽しそうに作られていました。

おやつの「ガトーショコラバニラアイス添え」も大好評でした!

「今日は、お家に帰って食べるのが楽しみ」

と、何人かの方から言って頂きました

今夜の夕食の感想が楽しみです