なないろダイアリー

2016年2月05日横浜中華街名物!『梅蘭風』カリカリあんかけ焼きそば

こんにちわ!

今日は、日差しも温かくスタジオはお日様が差し込んで

いい陽気です

今日は中華を作ります。

皆さん、“梅蘭やきそば”をご存知ですか?

横浜中華街の「梅蘭」というお店の名物“梅蘭やきそば”は

カリッとお好み焼きのように平らに焼いた焼そばの中に、豚肉やモヤシなどの

入ったあんがたっぷり。

カリカリのそばの中からあんかけの具があふれ出します

食べて美味しい目で見て楽しい「梅蘭やきそば」が大人気なのです。

まだ食べたことない方は、是非、横浜中華街に行かれた際には、

必食です

 

今日作る料理は、

「梅蘭風あんかけやきそば」

「アボカドと長いもの和牛そぼろの和え物」

「たっぷり白菜とローズポークの肉団子入りネギごまスープ」

というラインネップです。

まずは、材料を切ります。

まず、スープに入れる茨城産ローズポークを細かく切り

肉団子に入れる具材をあわせて混ぜ合わせます。

肉団子の肉をごねる作業は、17歳の若手のK君が

頑張って担当してもらいました。

なかなか肉を混ぜ合わせる手つきがいいと褒めると、

「包丁使うより、こっちの方が得意かも」

と、恥ずかしそうに照れながら笑っていました。

 

そして、今日の主役の焼きそば作りが始まります。

タマゴを麺にあえて、

中華鍋でこんがり焼いていきます。

上手くふんわりドーム型に焼けるといいのですが、

なかなか難しいところです

焼き上がるのを待つお客様も

「なんかワクワクするわね」

と、出来上がりに期待大のご様子です。

何枚も焼いていくとだんだん上手くなってきたので

「最初の方に焼いた人に申し訳ないわ~」

と、嬉しい悲鳴が上がりました。

あんかけ焼きそばのあんかけ作りです。

沢山の肉や海鮮、野菜を一気に炒めていきます。

特製スープは、旨み出汁に調味料を合わせ作り準備します。

特製スープを入れ、味を調え、水溶き片栗粉を入れて

とろみをつけたら完成です

もうこの時点で、スタジオ内はあんかけの

美味しそうな匂いが充満してきて

お腹が鳴りそうです

 

さぁ、完成しました

具沢山のネギごまスープの胡麻の香りも

食欲をそそります。

あんかけ焼きそばは食べやすいように

4等分してお出しします。

「カリッとしていて、こういうのも美味しいわね」

「あんかけ焼きそばの逆転したものね。おもしろい!」

「意外と、今日は野菜たっぷりメニューね」

「このスープは絶品よ、肉団子が美味しい」

と、初めて食べる梅蘭やきそばは

なかなか好評でした

今日も、楽しく美味しく一緒に料理できた幸せを

しみじみ感じました