なないろダイアリー

2016年2月03日『福』を巻き込む☆“笑報”巻き&千葉銚子産新鮮イワシの『節分御膳』

こんにちわ!

今日は節分です。

節分は、現在では立春の前日(太陽暦の2月3日か4日)をさしますが、

もとはそれぞれの季節がおわる日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の

前日をいったそうです。

節分といえば豆で邪鬼をはらう豆まきが有名ですが、

もう一つの慣わしとして、

ヒイラギの葉がとがっていることから、「鬼の目突き」とよばれ、

その先にイワシの頭をさして戸口にかかげると、ヒイラギのトゲと

イワシの匂い、そして豆ガラの音が鬼を追い払い邪気の侵入を防ぐそうです

豆まきの時「鬼は外!福は内!」と唱えますが、

浅草寺では、観音様の前に鬼はいないということから

「千秋万歳福は内(せんしゅうばんざいふくはうち)」と言うそうです。

正しい豆のまき方をご存知ですか?

まくのは夜だそうです。そして原則、一家の主がまきます。

家族に年男・女、厄年の人がいる場合は、その人がまいた方がいいそうです

窓を開けて「鬼は外」と唱えながら、家の外に向かって2回まき、

すぐに窓を閉めて「福は内」唱えながら、部屋の中に2回まきます。

家の奥の部屋から順番に。玄関は最後です。

まく時は手のひらを上に向け、

豊作を祈願して畑に種をまくしぐさを表すそうなので、

決して上から投げるようにまいてはいけません

 

この巻き寿司は、恵方巻きとは別に作った花の飾り巻き寿司です

この1年、この花のようにお客様がキレイに咲き続けてほしいという

願いを込めた花の巻き寿司です

沢山の細まきを組み合わせて、巻き寿司を作り出来上がった断面の

花を見たときの歓声はまるで女子学生のようでした

本日なないろでも皆様に作って頂く「恵方巻き」ですが、

最近では、節分に食べる太巻き=「恵方巻き」がブームになっていますね。

節分の夜にその年の恵方(歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、

目を閉じて願い事を思い浮かべながら、食べ終わるまで無言で太巻きを丸かじりするそうです。

福を巻き込む→巻き寿司。

福を切らない→包丁を入れない=「縁」を切らない。

具材は七福神のご利益にかけて7種類にするところが多いそうです。

一種の縁起かつぎですが、結構楽しいものです。

2016年の恵方は南南東です

ちなみに恵方は、5年ごとに繰り返されます。

 

今日作るのは、

『“春を呼び、幸せを呼ぶ節分御膳と飾り寿司』です。

そしてもう一つ『恵方巻き』も一緒に作ります

今回の節分御膳のメインとなるのは厄と邪気を払うと言われる“イワシ”です

本日は獲れたて千葉銚子産の新鮮なイワシが届きました

背中の美しい青い帯は新鮮なイワシの証です。

この銚子産イワシで刺身やつみれ汁を作ります

獲れたての新鮮なイワシで作るつみれ汁は

イワシの深い味わいと柔らかでジューシーなイワシの

つみれの味がたまりません。

味見係を担当されたお客様も

「いいお味~

と、つみれ汁の味に太鼓判を押されました

 

今回、皆様に別途お作り頂くのは、

お持ち帰りのなないろオリジナル恵方巻き3種類です

「なないろ特製太巻き」・「海鮮贅沢太巻き」・「黒毛和牛サーロイン太巻き」という

節分のなないろでしか食べられない豪華太巻きのラインナップです!

特にこの「黒毛和牛サーロイン太巻き」は

とても上質なA4の和牛を巻きつらける限界まで巻き込みます

それにしても、太巻きを巻くというのはコツと力が必要な作業です。

「太くて上手く巻き込めないわ」

「豪華すぎて具がはみ出ちゃう」

「こんな太巻き、家族が驚くわ」

と、皆様、具の多い極太の豪華太巻き作りに苦戦していました

皆様の、一年の健康と福やご利益がめぐって来ることを

祈願しながら巻いて頂きます

さぁ、なないろ特製『節分御膳』の完成です

内容は、以下の節分特別メニューです。

「千葉銚子産新鮮イワシのお刺身

「蕎麦がきの柚子味噌添え」

「鴨肉と大豆と野菜の煮物」

「お楽しみ飾り巻き寿司

「銚子産イワシの特製つみれ汁

節分にちなんだ食材をふんだんに使っています。

皆様も、出来上がりに大変ご満足いただいたようです。

特に新鮮なイワシのお刺身は喜ばれていました。

たっぷり厄除け食材を食べ、

邪気を払い、2016年一年の福を呼び込みましょう