なないろダイアリー

2016年1月02日福笑!なないろ味の“ちぎり(百面相)パン”完成!!

こんにちわ

今日は、人気のパン作りの日です。

今日作るのは、皆様からのリクエストの多かった

ちまたで話題の「ちぎりパン」を作ります。

その名の通りちぎって食べるちぎりパン。

美味しさや美しさもさることながら、そのぷっくりしたかわいい見た目も魅力です!

ちぎって食べて、食感はふわっふわ

見ているだけで、なぜか幸せな気持ちになる不思議なパンの登場です

ちぎりパンの作り方は、

以外に簡単で、しかも本格的なパン作りが楽しめるのも魅力です。

基本の生地の作り方さえ覚えてしまえば、アレンジ次第で

色んな味のバリエーションのパンが作れます。

デコレーションも楽しめて2度美味しいパンということなのです。

本日は、お客様も大いに楽しんでもらえそうです

よく練った2種類の味のパン生地を、

3つに切り、更に3つに切り9等分に切り分けます。

 

1つ1つを丸くまるめて、パンの中身は

ジャムやハムチーズ、カレーやチョコレートなど

名称通り「なないろ」で7種類の具材を、

ご自分の好きなように詰めて丸めていきます。

各種1つの玉は“耳”として小さな玉を16個作り、

“耳”として大きく丸めた玉に2つずつ付けていきます。

このバランスもお一人お一人微妙で楽しめます。

耳が付いたら、オーブンに投入し暫し

焼き上がりを待ちます。

気がつくと、

パンの焼ける、いい香りがスタジオにしてきました

焼きあがったパンに、本日の醍醐味でもある

仕上げの顔を掻いていきます。

イエローのパンは

“くまのプーさん”をイメージした愛らしい顔を、

白いパンには、アーモンドをタテにおいて“コアラパン”にしていきます。

途中で、

「1個はブタにしてみようかな

「全部泣いた顔みたいになっちゃった」

「手が」震えて困った顔しか描けないわ

「眉毛が濃くなった!」「ほくろがついちゃった」

と、様々な表情の顔の個性が光るパンの出来上がりに皆で大爆笑です

お客様も、思い思いに遊び心満載で、デコレーションを楽しんで

本当に嬉しそうです

楽しいながらも集中力のいる細かい作業が続き、

皆様少し疲れたようなので、ここで休憩をとることになりました。

今日の休憩時間の特製おやつは、

シェフから「自家製タルトタタン」と、「手作りショコラショー」が振舞われました

ショコラショーは、シェフが目の前で温めて丁寧にかき回しながら作ってくれました。

「ショコラショー」は、フランス語で「熱い・チョコレート」の意味で、ホットチョコレートと同じです

作り方も、本物のチョコレートを溶かして作るので、まさに温かいチョコレートドリンクです。

粉末のココアはカカオマスからカカオバターを除いて作られますが、

ショコラ・ショーはチョコレートをそのまま刻んで牛乳などに溶かして飲むので、

ココアと比べるとより濃厚で風味が豊かにまります。

シェフがお客様の目の前で作ったショコラショーは、甘みが抑えられ、でも濃厚でリッチ。

本日は、大人のチョコレート風味の香り高いシェフ特製の「ショコラショー」を

ゆっくり味わったことで、身体が温まり、優雅で幸せな休憩時間が過ごせました

頑張って作った「なないろちぎりパン」も無事完成し、

お持ち帰りして、このパンの表情をご家族に見ていただくのが

すごく楽しみです