なないろダイアリー

2016年1月26日なないろクッキングツアー第2弾!秋田編

こんにちわ!

本日は、恒例の「なないろクッキングツアー」の開催日です。

今回の旅先は、「秋田」です

秋田といえばこの時期は“きりたんぽ鍋”の美味しい季節です。

しかも、薩摩地鶏や名古屋コーチンと並ぶ“日本3大地鶏”に数えられる

比内地鶏をたっぷり使ったきりたんぽ鍋の登場です。

比内地鶏は、歯ごたえはありますが、加熱しても固くなり過ぎず、

肉の味が濃いので、濃厚な脂の旨みが特長の鶏肉です。

この寒い時期には、比内地鶏のお出汁と、

比内地鶏のしっかりしたジューシーなお肉の味で

栄養価の高い旬のセリと、つきたて焼きたて「きりたんぽ」を

贅沢に入れて食べる、あったかーいきりたんぽ鍋はたまりませんね

聞くところによると秋田では、「きりたんぽ鍋」が

小学校の給食に出ることもあるのだそうです

きりたんぽは、秋田県北部の郷土料理で、その地のマタギの料理だった

という説があるそうです。

そして、今日料理する食材でもある秋田名物の「ギバサ」は、

アカモクという海藻で

秋田、では「ギバサ」、山形では「銀葉藻(ギンバソウ)」、

新潟では「長藻(ナガモ)」と呼び方は違うそうです。

秋田では、常用食として親しまれているギバサですが、

水溶性食物繊維フコイダンを豊富に含むため免疫力がUPするそうです。

さらに、コラーゲン分解酵素の活性を抑制しビタミンKも多く、

骨粗しょう症予防にも効果的だそうです。

ポリフェノール、ミネラルも豊富で、さらにさらに美白作用もあるそう。

秋田美人の秘密を知ったような黄がします

 

手作りきりたんぽを作るため、炊いたほかほかあきたこまちを

温かいうちに“すりごぎ”で粗めに潰していきます。

粗めにつぶしたら、細い棒にちくわのように巻き付けていきます。

塩水を手につけながら巻きつけないと手にご飯がいっぱいくっついて

「手がご飯粒だらけになっちゃうわ

「上手く手からごはんが剥がれない~

と、あちらこちらから悲鳴が上がっています。

「きりたんぽ鍋」のもう一つの主役である旬の“セリ”は根っこまで使います。

「えーっ!?ここは捨てちゃうんじゃないの??」

と、スタッフさえも捨てるところのない万能なセリにびっくりです

栄養価の高いギバサを使った「ギバサ軍艦」作りは、

意外に細かく根気のいる作業になります。

粘りの強いギバサを一定量、海苔で作ったひと口大の小さな軍艦に

一つひとつ、同量を盛り付けるのはなかなかの難易度のようでした。

もうひとつの難関は、

ウズラのたまごを黄身を割らずに軍艦の横に上手く乗せること。

途中で割れてしまったり、黄身がこぼれて

落ちてしまったりと苦戦を強いられました。

そして、きりたんぽ鍋の材料が切り揃えて、きれいにお皿に盛り付けられました。

 

さぁ、いよいよお待ちかねのお鍋のスタートです

比内地鶏をたっぷり入れて、つくねを団子に丸めて鍋に入れ、

比内地鶏のいいお出汁を作ります。

ささがきゴボウや糸こんにゃく、長ネギ、セリを入れて、

いよいよお手製のきりたんぽの投入です。

きりたんぽと一緒に作った“だまご”もいい感じに焼き上がり、

比内地鶏のお出汁のいい香りがスタジオ中に漂い始めました。

「きりたんぽが香ばしくて、美味しい~ィ

「自分たちで作るきりたんぽってこんなに美味しいのね」

「比内地鶏のいいお出汁が浸み込んで鍋全体がいい味」

「秋田はいつもこんな美味しいものがあっていいところね」

と、「特製きりたんぽ鍋」は大好評でした

なないろクッキングツアー第2弾秋田編は、皆様にご満足頂けたようです。

お鍋はみんなで囲む楽しみもあり、何よりも美味しく出来たので

今回の「秋田クッキングツアー」は大成功です

来月の「なないろクッキングツアー」は北海道へ皆様と旅立ちます

今から、お楽しみです