なないろダイアリー

2016年1月18日降雪の中***『日経ヘルスケア』の取材を受けました!

こんにちわ!

本日は深夜から降り出した雪の影響で

都内の交通機関は大混乱でした

飛行機は飛ばず、電車は遅れ、駅は人で溢れ、バスは来ずバス停は長蛇の列

都内を忙しく疾走している救急車のサイレンが絶えず聞こえていました。

こんな中、スタッフもようやくスタジオにたどり着き、送迎スタートです。

同時に、スタジオに残ったスタッフは店前の雪かきです。

お客様が到着した際に、滑られたらいけないと大急ぎで

雪かき隊が結成され、小さなスコップで雪を掻いたり、雪を掃いたり、

お湯を流して地道に雪を溶かしたりと、

朝からかなりの重労働でした

そんな中、本日は

日経BP社様の「日経ヘルスケア」の取材をお受けしました

料理と食事をテーマの特集での取材ということです。

到着されて早々のお客様は、口々に

「今日は、特別寒いわね~。雪だものね

「これくらいでも東京は麻痺しちゃうからダメね~」

「転ばないように慎重に家を出てきました」

と雪の日の感想を述べていらっしゃいました。

今日の寒さに驚き、いつもはお使いにならないブランケットを

腰に巻いたり肩にかけたりしている光景が愛らしく感じました。

「なないろアカデミー」の間も今日は皆様、

全員、温かいお飲み物を選ばれて飲まれていました

そんな丸まっている身体も

料理が始まると、一変していつもの動きに皆様変わります。

取材の方も、

「皆さん、スタッフは見守りでご自分で料理できるんですね」

「ずっと座らずに立たれて料理されるんですか?」

「スタジオの色使いがビタミンカラーで元気が出て明るくていいですね

「皆さん楽しそうでいいですよね」

「父のいる実家の方にも是非作ってほしいです」

と、お客様の調理されている様子を実際に見られ、

嬉しいご感想をを頂きました

今回の取材内容は、

「日経ヘルスケア」2月号(2/10発売)に掲載予定だそうです。

楽しみです

 

クッキングが進むにつれ、スタジオ内がだんだん温かくなり

スタジオの窓はすっかり湯気と熱気で真っ白に曇ってきました。

「もう、寒い外に出たくないわ」

「料理もいい運動?になるのね。身体がポカポカしてきたわ」

「サウナみたいに温かいわ」

と、先ほどまでブランケットに包まっていた方も

すっかり背筋も伸び、いつもの柔らかい笑顔になりました

いつの間にか、雨はすっかり上がり

午後には、ナント日が照り始め、気温も上がっていました。

今日は、料理の湯気の寒暖差で全ての窓が曇っていたので、

外の様子が変わっていたこと全然に気がつきませんでした・・・。

朝の真っ白な雪景色が、夕方には雪の姿はすっかりなくなり

朝の雪かきの重労働はなんだったのかと空しさを感じました

残るのは、街路樹の下の汚れた残雪と筋肉痛だけなのでしょうか・・・

雪の日の営業は、初めてでしたが、

お休みも少なく、お客様やスタッフも怪我もなく

1日が過ごせました。

明日は、もしかすると新たな試練“凍結”との

戦いがあるかもしれませんが、気を引き締めて

迎えたいと思います