なないろダイアリー

2015年11月17日絶品!なないろ特製三元豚の究極のスペアリブ

こんにちわ!

とうとうこの日がやって来ました

なないろ特製スペアリブが満を持してメニューに登場する日です。

この“なないろ特製和風スペアリブ”は、肉のジューシーさや柔らかさも追求していることも

美味しく出来上がる理由のひとつですが、

何をおいても、一番極めつけなのは、シェフ考案の特製オリジナル和風ソースが絶品なのです

シェフが考案したこの特製ソースは、様々な調味料をブレンドし、後を引く深い味わいを

完成させています。

きっと、どなたが食べても絶対に喜んで頂ける究極のレシピで作る自信作です。

まずは、今日のお料理の前に「なないろアカデミー」で

スペアリブのことを学び理解を深めます。

どんな料理でどこの部位のお肉を使うのか初めて知る内容も多かったようです。

スペアリブで使う豚肉は、栄養価も高く、美容にも大変いいお肉です。

特にビタミンB1は牛肉や鶏肉にくらべて約10倍!たまった疲れ、だるさ、肩こりがすっきり・・・疲労回復の強い味方です。

豚肉の良質たんぱく質が、健康な血肉をつくり、脳卒中などの成人病予防をしてくれます。

本日の調理手順を聞くと、

「なんか難しそうね~」「時間内に出来るのかしら」

「美味しく出来るかしら!?」

と心配される声も上がりましたが、

「でも、美味しそうよね、楽しみ

の一言で、皆様、俄然やる気になりました。

いよいよ、究極のメニューへクッキングスタートです。

本日のメニューは

「なないろ特製和風スペアリブと季節の彩り蒸し野菜」と

「しめじと青菜のスープ」

「自家製ドレッシングを使った嬬恋高原キャベツのコールスロー」「焼きたてパン」

というラインナップです。

 

 

調味料は秤を使いレシピどおりに調合します。

コールスローにするキャベツは担当された皆様、みごとな千切りを披露されていました。

「お家ではこんなに細く細かく切ってないわぁ」

とこっそり舌を出される方も。

彩り野菜はひと口大に切りそろえます。

「大きさが大きくなっちゃったわ~」

というお客さまに、シェフがすかさず

「ご自分のお口のサイズに切っていただければOKです」

と言われ、苦笑いする場面もありました。

そんなこんなで各々忙しく準備をしているうちに、主役のお肉は圧力鍋でどんどん味が

しみこんで柔らかぁ~くなっていっています。

たまらなくいい匂いが、スタジオ中に広がりお腹が鳴る方続出です

さぁ、出来上がりました

大きな肉の塊を、皆で分け合って自家製の特製ソーズをタップリつけて

豪快に頂きます。

「うわぁやっわらかぁ~いっ

「こんなに食べられるかしらぁ

「触っただけで骨が取れて、お肉が柔らかくてほぐれる

と、大好評の和風スペアリブは、t全部食べられるかの心配をよそに、アッと言う間に無くなってしまいました。

「お家でも同じように出来るかしら?家族にもこんな美味しいものなら食べさせたいから」

と、早速、お家でもトライしてみようという嬉しいお言葉を頂きました。

本当に美味しい「なないろ特製和風スペアリブ」はなないろクッキングスタジオの

至高のメニューとしてで殿堂入り間違いなしの自信作です。

シェフ、美味しいレシピを考案してくれて、ありがとう