arrow-down-lightarrow-downLayer 1arrow-link-blank-1arrow-link-blank-2arrow-link-blankarrow-link-footerarrow-linkarrow-link-footerarrow-slider-leftarrow-slider-rightarrowbanner01-textbanner01-titlebanner02-titlebanner03-title>careplan-title-textcompany-nameicon_1icon_10icon_11icon_12icon_13icon_14icon_15icon_16icon_17icon_18icon_19icon_2icon_20icon_21icon_24icon_3icon_365daysicon_4icon_5icon_6icon_7icon_8icon_9icon_arrow-textlinkicon_banner02icon_banner03icon_bathicon_bathtubicon_bedicon_bubbleicon_caricon_careicon_careplan1icon_careplan2icon_careplan3icon_careplan4icon_careplan5icon_careplan6icon_categoryicon_checkicon_cleaningicon_clinicicon_closeicon_clothesicon_cookingicon_cooking2icon_dbl-arrowicon_documenticon_emergencyicon_family_careicon_foodicon_fouricon_homeicon_hotspringicon_houseicon_humanicon_keywordicon_kitchenicon_likeicon_linkicon_listicon_mealicon_medicineicon_menuicon_movingicon_newicon_newsicon_pigyicon_pinicon_plusicon_popularicon_positionicon_printericon_questionicon_recreationicon_rehabicon_rehabilitationicon_ridingicon_searchicon_search2icon_service01icon_service02icon_service03icon_shoppingicon_sidebar_searchicon_slider-left-arrowicon_slider-right-arrowicon_status01icon_status02icon_status03icon_supporticon_sweepingicon_telicon_toileticon_twoicon_viewicon_walkingicon_washingicon_watchingicon_yenicon-feature01icon-feature02icon-feature03icon-feature04icon-feature05icon-feature06icon-feature07icon-feature08icon-feature09icon-feature10icon-feature11icon-feature12icon-feature13icon-feature14icon-feature15icon-feature16icon-feature17icon-feature18icon-feature19icon-feature20icon-feature21icon-mailicon-pdficon-popularmain-copynumber-of-branchpagetopservice-diagnosis-modal-heading-spservice-diagnosis-modal-headingservice-diagnosis-modal-heading2-spservice-diagnosis-modal-heading2sp-main-copysp-menu-close-iconsp-menu-closesp-menu-iconsp-menusp-pagetopsp-title-blogsp-title-service-copysp-title-servicesticky-banner-texttel-contacttel-header-01tel-headertitle-blogtitle-charatitle-contacttitle-historytitle-search-copytitle-searchtitle-service-copytitle-servicetitle-service01title-service02title-service03title-wavewave

minnanomirai_logo

-そよ風が教える介護の基本-

minnanomirai_logo

そよ風が教える介護の基本

ミンナノミライは介護施設「そよ風」を展開するユニマット リタイアメント・コミュニティが
運営しています。みんなの介護の未来を一緒に考えるためのメディアサイトです。

介護の基礎知識

介護疲れを癒すレスパイトケア!タイプ別におすすめサービスを解説

雑誌やケアマネジャーから「レスパイトケア」という言葉を耳にして「介護者が休めるサービスのこと」という事までは理解しましたが、「具体的にどのようなサービスがあるのか」「どんな時に使えるのか」が気になりますよね?

また、「そもそも自分が介護を休んでも良いのだろうか?」を思われる方も多いでしょう。結論からいうと、レスパイトケアサービスはどんどん活用するべきサービスです。

なぜなら、あなたに余裕が生まれることで介護を受ける方にも多くのメリットがあるからです。そして、今はみなさんが思っているより多くのレスパイトケアサービスが増えているので、困っている状況をピンポイントで解決できるサービスが見つかる可能性も高いのです。

そこでこの記事では

  1. レスパイトケアとは何か+その目的
  2. タイプ別のレスパイトケアサービスとそのおすすめ利用シーン

をお伝えします。

最後まで読んでいただくことで、あなたの介護の負担を軽くするとともに、ご本人の満足度を上げることができる今のあなたにぴったりのレスパイトケアサービスを見つけることができますよ。

※当該記事に関する個別のお問い合わせは受け付けておりません。また、記事中の触れられている法的見解についての責任は一切負いかねます。所管の自治体窓口または弁護士等の専門家にご相談下さい。

1.介護者のための「レスパイトケア」ってなに?

レスパイトとは「小休止」「息抜き」「休息」を意味し、介護者が一時的に介護から解放され、リフレッシュや休息をとる「介護者のため」のケアを指す言葉です。ここで紹介する使えるレスパイトケアのサービスを積極的に試して、リフレッシュを図ることが出来る方法を是非、見つけてください。

介護のケアは介護を必要とする方のためのもので、レスパイトケアは介護する方のためのケアです。介護の負担によって、介護者が外部との関わりがなくなり、引きこもりや介護うつなどの精神疾患に陥るケースが少なくありません。

介護者へのケア目的だけでなく、介護生活の維持や、介護する側・される側、両方の生活の質を保つためにもレスパイトケアの重要性は高まっているのです。

※介護うつに関して詳しく知りたい方はこちらの記事「【セルフチェックリストつき】介護うつは改善や回避ができるうつ病!」をご覧ください。

2.介護者である、あなたの休息が一番大事で必要です

介護者が介護を休んでいいの?と、思っていませんか。大丈夫、無理する必要はありません。時には介護することを休むのも重要です。レスパイトケアは、介護者の休息や軽減を図ると同時に、介護者が楽になることで介護疲れや共倒れを防ぎ、介護の継続を可能にすることが目的です。

介護に携わっていると、自分のための時間を確保できず、心身の負担も多く慢性的な疲れや痛みを覚えるようになります。そんな介護者の心身の疲労の回避がレスパイトケアにより可能になります。

そして、介護を受ける方にとっても他の人からいつもと違うケアを受けることで、別な視点での気づきを受けられるなどメリットも生まれます。そんなレスパイトケアを上手に活用するために、様々なレスパイトケアサービスのそれぞれの特徴を知り、自分が本当に楽になるためのサービスを選べるようになってください。

3.使える!「介護保険適用」のレスパイトケアの3タイプのサービス

レスパイトケアには「介護保険適用」のサービスと、自費利用でのサービスなど、多岐にわたり様々なサービスが用意されています。

まず、要介護認定を受けた方が「介護保険」で受けられるレスパイトサービスからご紹介します。こちらのサービスは担当ケアマネージャーと相談して選ぶことになります。

主なものとして訪問介護(ホームヘルプ)やデイサービス(通所介護)、ショートステイ(短期入所)といった介護保険サービスは、上手に利用すればご本人だけでなく、介護者の生活の質の向上にも役立ちます。

※私たちユニマット リタイアメント・コミュニティが運営する「そよ風」公式サイトでは、各サービスの紹介や施設検索ができます。あわせてご覧ください。

3-1 必要サービス毎に利用!時間単位のレスパイト「訪問介護(ホームヘルプ)」

食事や掃除、入浴など希望のサービスを、介護の資格を持った訪問介護員(ホームヘルパー)が、自宅に来て、決められた時間内に行うサービスです。訪問介護は主に排泄や入浴、食事などの介助や、掃除、調理、買い物などを行います。

訪問介護の主なサービス内容

■介護者の身体への負荷が大きいと感じている方に:「身体介護」

オムツ交換などの排泄介助、衣類の着替えの介助、入浴介助、食事の介助、体位交換、ベッド・車椅子への移乗や買い物介助、室内や屋外の移動介助が含まれます。

■毎日の家事にストレスを感じている方に:「生活援助」

調理や洗濯、掃除などの家事を行うサービス。できることはご本人に一緒にしてもらいます。

■通院等の移動介助に疲れている方に:「通院時の乗車・降車等介助」

訪問介護事業者の車両で、訪問介護員(ホームヘルパー)が通院時の乗車や降車の介助を行うサービス。病院では、受診の手続きや移動の介助、薬の受け取りなどを行います。

訪問介護を利用すれば、特に負担に感じている作業を代わってもらい負担軽減に繋がるので、安心して自宅での生活が継続でき、介護者の精神的・身体的・時間的な軽減につながります。

※訪問介護について詳しく知りたい方はこちら「【まるわかり】訪問介護とは?サービス内容・費用・利用方法など紹介」

3-2 日中、預けて任せられる!日単位のレスパイト「デイサービス(通所介護)」

自宅までの送迎付きで、主に朝から夕方までの日中を施設で預かるサービスです。ご本人が介護施設で日中過ごすため、家族は送り出し後に自分の時間を確保できるので、日中に自分の時間を作りたい方や休みたい方におススメです。

以下は、参考までに、デイサービスの1日のスケジュール例です。

<8:30>送迎(ご自宅にお迎え)
<9:20>健康チェック(血圧・体温)・テイータイム
<10:00>体操・レクリエーション・リハビリ・入浴
<12:00>昼食・口腔ケア
<13:00>健康チェック・体操・レクリエーションなど
<15:00>おやつ・テイータイム
<16:20>帰宅準備・トイレ
<16:30>送迎(自宅にお送り)

施設では食事や入浴、レクリエーションの他、リハビリメニューを受けられるところもあり、自宅への送迎も専用車で行ってくれます。 デイサービスは全国の市区町村に多数点在していますので、距離や雰囲気、サービス内容を吟味し、ケアマネージャーと相談して決めるとよいでしょう。デイサービスの利用日の日中は、自分の時間を確保できリフレッシュすることが可能です。

※デイサービスについて詳しく知りたい方はこちら「【デイサービスとは】特徴、費用、おすすめ、種類などを簡単解説!」

3-3 最大30日間預けられる!まとまった期間のレスパイト「ショートステイ(短期入所)」

ショートステイは1泊から、最大30日間連続で利用することが可能な介護施設です。一定期間、介護から解放されるのでまとまった心身のリフレッシュが可能となり、高いレスパイト効果を期待できます。

旅行に行きたい時、出張や冠婚葬祭など何日か家を空けなければならない場合や、介護者の体調不良や入院など一時的に介護することが困難な状態になった際の措置としても活用できます。

以下は、参考までに、ショートステイ(短期入所生活介護)の1日のスケジュール例です。

<6:30>起床・排泄・着替え・整容・健康チェック
<7:30>朝食
<9:00>レクリエーション、入浴
<12:00>昼食
<13:30>レクリエーションなど
<15:00>おやつ 休憩
<18:00>夕食
<20:00>就寝

短期~長期的に計画的に施設に入所し、日常の健康管理や入浴、見守りや食事の提供などのサービスを受けられます。合わせて、施設に滞在することで、その間に介護プロの視点から、自宅では気づかない本人の心身の変化や、最適な介護方法などアドバイスしてもらうこともメリットになります。

※ショートステイについて詳しく知りたい方はこちら「ショートステイとは?用途別に3タイプある!サービスや費用をご紹介」

3-4 その他、もっとある!タイプ別おすすめ「介護保険適用」のレスパイトケア

たとえ、自宅にご本人がいても介護者が休息時間を作ることは可能です。訪問系のサービスは、介護者の手を離れ専門職のサポートでケアが実施されますので、その時間は自分の時間として有効活用することができるのです。

■自宅での入浴介助が辛い方に:「訪問入浴介護」

入浴介助は大変な重労働で不慣れな家族だけの対応では困難な場合が殆どです。浴室環境もですが、老老介護や介護者が女性や体力的に不安や困難な方は積極的に利用すべきサービスです。訪問事業者が、看護師を含めた3人チームで浴槽をご自宅に持参して入浴の介助を行います。

■通院が困難で定期的な医療面のサポートが必要な方に:「訪問看護」

看護師などの医療従事者が自宅を訪問し、医師の指示のもとに療養上の世話や助言などを行います。症状の観察、栄養や食事の指導、口腔ケア、喀淡吸引など状態に応じて実施します

■退院直後など、自宅でマンツーマンでリハビリを受けたい方に:「訪問リハビリテーション」

理学療法士、作業療法士などの専門職が自宅を訪問し、医師の指示のもとにリハビリを行います。寝たきりにならないためのベッドからの離床促進、寝返り、起き上がり、歩行などの訓練やマッサージなどの機能回復訓練を実施します。

■医師の指導のもとでリハビリを行いたい方に:「デイケア(通所リハビリテーション)」

医師が利用を認めた人が介護老人保健施設などに通い、リハビリを受けるサービス。利用者の身体機能の維持や回復、認知機能の改善、日常生活の回復を目的とします。医師の指導をもとに、理学療法や作業療法、言語療法などをグループで行います。

■介護負担を軽減できる効果的な用具を必要としている方に:「福祉用具レンタル・購入」

ご本人の日常生活のサポート、そして介護者の負担を軽減するために、福祉用具を提供するサービスです。車いすや介護ベッドなどはレンタルでき、腰掛便座や入浴補助用具などは購入できます。

■自宅での生活を安全に過ごしやすく変えたい方に:「住宅改修」

自宅の段差解消や手すりの取付け、開閉しやすい扉に交換など、安全に暮らすため住宅改修の工事費用のうち9割~7割を介護保険から支給されます。
※介護リフォームについて詳しく知りたい方は「【簡単解説】失敗しない介護リフォームのポイント・費用・優遇制度まで」をご覧ください。

これらの介護保険適用サービスは、ケアマネジャーに少し介護を離れたい、休みたいという希望を伝え、休息につながるレスパイトサービスをケアプランに組み込んでもらってください。

※その他介護サービスについて詳しく知りたい方はこちら「介護サービス26種類の利用シーンや組み合わせをわかりやすく解説!」

4.まだまだある!タイプ別おすすめ「選べる自費利用のレスパイトケア」

次に、介護保険サービスだけでは賄えない場合、自費利用となりますが、民間企業などが様々な便利で嬉しいサービスを増やしています。罪悪感を持つことなく上手にサービスを組み合わせ、駆使することで、最強のレスパイトケアを選ぶことができます。

ここで、主な各サービスと参考URLをいくつかご紹介します。

■希望のサービスを自分仕様に自由に頼みたい方:「家事代行サービス」

料理、洗濯、掃除、買物、犬の世話、話し相手、庭の手入れなど多岐にわたりサービスを行ってくれる

■美容院や床屋に連れて行くのが困難な方:「訪問理美容サービス」

外出困難な方や介護者が同行できない際に理髪店、美容院から訪問してくれる

■仕事している方や毎日の洗濯を任せたい方:「洗濯代行」&「寝具の丸洗い・乾燥・消毒サービス」

日常の寝具の衛生管理が困難な方向けに。生活の質を守るためにもなります。洗濯して乾かしたたんで戻してくれる有難いサービスです。

■毎日の食事の買出しや食事作りの負担から開放されたい方:「配食サービス」

日常的に食事の買出しや準備が困難な方や忙しい家族に食材や食事を配達。安否確認も兼ねられ、冷凍でまとめての配達も可能。いろいろな味付けやメニュー、調理方法もセレクト可能。コンビニやスーパー医療や介護事業など、参入企業も多数。

■車いすでの通院や外出をサポートして欲しい方:「移送、送迎サービス」

リスト付き介護タクシーを利用し、通院、転院、買い物、観光、墓参りイベントに参加も可能。寝台車両や看護師・ヘルパーの同乗、緊急時対応なども可能。

この他、急な治療やレスパイトの措置として医療保険適用のサービスを利用することもできます。

5.いざというときの「レスパイト入院」

治療の必要性だけでなく、緊急性の高い措置として、レスパイト入院というものがあります。医療保険適用で、介護者が介護疲れなどで介護の継続が困難と医師が判断した場合に入院できる措置です。

ご本人が医療的な処置を必要とする場合、医療機関でレスパイト入院を利用できる場合もあります。レスパイトケアの一つとしてためらわずに、担当医や医療機関の地域連携室や医療相談室に相談してください。

6.さいごに

いかがでしたか? 介護は、継続しておこなうもの。疲れてしまうことだってあります。そんなとき息抜きや休息を、計画的に取ることは大切な介護者のメンテナンスです。自分のメンテナンスは、自分中心に考えてみていいのではないでしょうか。

2025年には認知症高齢者が700万人を超えると予想され、介護は避けられないものになっています。自宅で高齢者の生活を支える側が倒れてしまわないよう、無理のない介護を実現していくためのレスパイトケアはより重要な位置づけになっていきます。

この記事をご覧いただき、思っていた以上にレスパイトケアというものがたくさんあることに気づいていただけたでしょうか? これらを活用して、介護者が休むことや楽をすることに後ろめたさを感じる必要はないのです。

介護者が元気ならば、ご本人にも良いことが圧倒的に多くなります。レスパイトケアを活用し、自分のメンテナンスを上手に行い、無理をしない介護をしていきましょう。介護者の心身の状態を整えることは、介護を継続する上でなによりも大切なケアなのです。

※当該記事に関する個別のお問い合わせは受け付けておりません。また、記事中の触れられている法的見解についての責任は一切負いかねます。所管の自治体窓口または弁護士等の専門家にご相談下さい。

pagetop
pagetop
wave できるを増やす介護サービス

そよ風

そよ風の介護サービスの紹介や
お近くにある介護施設の検索ができます